Site Loader

病院選びに大事なことは
自分がその病院を
信じることが大事と書きました^^



病院の方針や金額など
全ての病院がパーフェクトってことは
まずはないということ



そしてその中でも
ここは大事だったなぁと思うことが
IVF(体外受精)
ICSI(顕微鏡授精)での治療




不妊治療の段階は


タイミング指導
   ↓
AIH(人工授精)
   ↓
IVF (体外受精)
   ↓
ICSI(顕微鏡授精)

 


ちなみに英単語は
そのまま読みますね!☺

✔AIH(エイアイエイチ)
✔IVF(アイブイエフ)
✔ICSI(イクシー)



タイミング指導やAIHは
どこの病院も変わらないです


ただIVFとICSIに関しては
これに気をつけて下さい!



IVF(体外受精)とは↓
卵子と精子を採取して
外のシャーレで受精させて
また子宮に戻す方法です


写真の方法がIVF (体外受精)

(HPより拝借)



受精しているときに分割と言って
細胞分裂をします



2細胞→4細胞→8細胞と
細胞分裂を繰り返す↓

4日目ごろの受精卵は
細胞分裂した細胞で埋まり
桑実胚と呼ばれる(左から2番目)



5~6日になると
胚盤胞と呼ばれる(一番左)




4日目の受精卵と
6日目の受精卵の違いは
「着床率」が変わります☺


(通常の妊娠では胚盤胞で
着床しています)



IVFをする場合は病院よって
どこの細胞分裂で
子宮に戻してくれるかが大事です



私は子供を妊娠するまでに
2つの不妊治療病院でして




1つめの病院は
「胚盤胞」になった受精卵しか
子宮に戻せない病院でした


それには理由があって
先ほどにも書いたように
胚盤胞になるほど着床率が高い




つまり自然妊娠と
同じような効果を狙って
確率を高くするため



しかし結果的に私は
2つめの病院で胚盤胞ではない
受精卵で妊娠・出産しました😄




私は4分割の
桑実胚(そうじつはい)の
受精卵で妊娠します


※これには理由があり
なぜかはまた書いていきます


これは治療をし始めないと
自分がどこの段階で
妊娠するか分からない部分です



しかも病院を転々と変えるのは
なかなか勇気がいることで
躊躇してしまいます




カルテも検査結果も
全て持っていけないので
病院を変えると一からやり直しだから





行きたい病院がどこの段階で
受精卵を戻してくれるか調べている段階で
チェックしてみてはどうですか?



今は情報もあふれているし
知りたいことはなんでも
ネットで分かります


病院のHPにも
料金や内容を詳しく
記載している所が多いです😄




私はIVFが出来る!内容だけ見て
中身まで知識がなく
そこに行きました




病院選びで無駄な時間を
全て省きたい!という方は
内容まで細かくチェックして下さいね





私は結果的に2つの病院でしたが
2つ行ったから色々検査内容も
違うんだなぁって気づけてよかったです😀



miyazaki

Profile

宮﨑 茉莉(みやざき まり)

■はり・きゅう・あん摩マッサ-ジ指圧師■

24歳の時に「卵管閉塞」と診断
医師から「自然な妊娠は厳しい」と宣言
それでも諦めきれず24歳から不妊治療を開始

採卵を2回して卵子を40個近く採卵するが
全て異常受精で受精卵に1個もならなかった


このときすでに300万の治療費用を
試みるも授かれなかった

失意のどん底で子供を諦めかけていた頃に
最後の砦と思い、大阪の病院に転院
その時に先生から鍼灸治療を進められた

鍼灸での体質改善とIVFのアンダゴ二ストを
組み合わせた治療で26年10月にICSIで妊娠
無事に長男を出産する



苦難のときに自分を救ってくれた鍼灸治療を
不妊に悩む女性だけではなく
全ての人に届けたい
鍼灸師になる決意をし
息子が2歳の時に専門学校に入学


令和2年4月
鍼灸あん摩マッサージ師の免許を取得

令和3年2月
鍼灸治療院
「鍼灸指圧堂ミヤザキ」を開業


尊敬する人 20億の借金を背負っても
明るく元気に前向きな両親

趣味 インテリア

Archive

お問い合わせ

[contact-form-7 404 "Not Found"]