Site Loader

2020=コロナ
と言う人も入れば
2020=東京オリンピック

という人がほとんどかもれません

私は2020と言えば
「国家試験」でした

1月に武漢で発生したウイルスも関係なく
もくもくと勉強をし続けており
こんな風になると思っていなかった

2月末に行われた国家試験で
無事に免許をとれることができ一安心



人生でこんなに勉強をしたことはなく
「やりたいこと・好きなこと」に
こんなに頑張れる自分がいましたね^^




私が鍼灸師を目指したのも
不妊治療中に出会った鍼灸です





医学が進歩した今
病院と鍼灸が提携することは
多くなってきましたが

私が不妊治療をしだした10年前
通っていた大阪にあるIVFなんばクリニックは


鍼灸の良さを認めて治療の一環と
してメニューにありました




今でも変わらずありますが
「受胎鍼」という名前です



その当時の森本院長先生が
担当してくれていたときに



「受精卵をお腹に戻す72時間以内に
鍼を2回できたらしてみてください
血流がよくなり着床がしやすくなります」
と言っていただき鍼治療をしました




それから10年


今ではその時より医学の進歩で
いろいろなことが進み
不妊鍼灸という言葉が増えましたね



治療院によって取り組み方は違いますが
私はコロナ禍により
不妊鍼灸のエキスパートの先生に学び
今回修了証をいただきました



ここからが始まりであり
鍼灸の専門学校に入った時の
「寄り添いたい」気持ちは


今でも変わっていません♡


鍼灸は「未来に対しての予防が
すぐれている治療」です

言い方を変えれば
「癒しを治めることができる」
素晴らしい国家資格です


その免許を使って鍼を打ち
誰かに寄り添う治療が出来たら
鍼灸師冥利です


いい治療より誰かに寄り添える鍼灸師で
いたいと毎日感じています

自分自身が苦しい思いをしながら
治療をしてやっと授かった命


気持ちは痛いほど分かります

一人目は無事に産まれたけど
二人目の妊娠の可能性が奇跡に近く
可能性はほとんどないです



あなたの気持ちに寄り添えるように
自分の経験と鍼灸を通じて
落ち着ける治療院にしました


2021年どうかよろしくお願いします



2020.12.31
鍼灸指圧堂 ミヤザキ





miyazaki

Profile

宮﨑 茉莉(みやざき まり)

■はり・きゅう・あん摩マッサ-ジ指圧師■

24歳の時に「卵管閉塞」と診断
医師から「自然な妊娠は厳しい」と宣言
それでも諦めきれず24歳から不妊治療を開始

採卵を2回して卵子を40個近く採卵するが
全て異常受精で受精卵に1個もならなかった


このときすでに300万の治療費用を
試みるも授かれなかった

失意のどん底で子供を諦めかけていた頃に
最後の砦と思い、大阪の病院に転院
その時に先生から鍼灸治療を進められた

鍼灸での体質改善とIVFのアンダゴ二ストを
組み合わせた治療で26年10月にICSIで妊娠
無事に長男を出産する



苦難のときに自分を救ってくれた鍼灸治療を
不妊に悩む女性だけではなく
全ての人に届けたい
鍼灸師になる決意をし
息子が2歳の時に専門学校に入学


令和2年4月
鍼灸あん摩マッサージ師の免許を取得

令和3年2月
鍼灸治療院
「鍼灸指圧堂ミヤザキ」を開業


尊敬する人 20億の借金を背負っても
明るく元気に前向きな両親

趣味 インテリア

Archive

お問い合わせ

[contact-form-7 404 "Not Found"]