Site Loader

私が不妊治療を始めたのは
24歳のとき



結婚してすぐに不妊治療の病院に行き
あらゆる検査をしてもらった



普通?であれば結婚して1年ぐらいして
子供が望めなかった場合に
不妊を疑うのが一般的



しかし私は親が不妊だったために
それを小学校のときから知っていたので
結婚したら早く行きたくて仕方なかった



なぜなら日本の病院は
戸籍証明で夫婦でないと
検査が受けれないからだ




卵管造影検査と言って
卵管に水分を入れて通るか
判断するもの




それが通っていれば
精子も通れるので
問題なしと判断されるが



自然妊娠が可能かどうか
見極めるときに左右される検査


私は片方は詰まっており
片方はかろうじて通る状態


つまり自然妊娠の可能性は
1年に12回排卵しても半分の6回
(毎月どちらからしか排卵されない)


片方はかろうじて
通っているけど精子が通れるか
分からない



その数回に合わせれる
タイミングがはるかに奇跡



そのために先生のアドバイスもあり
ステップアップすることに決めた


人工授精もせずに体外受遺(IVF)
を受けることを決めたが
IVFからの費用は保険適用外


病院によって異なるが
だいたい最低が30万から


同じ妊娠をするといっても



人工精は、厳選した精子を
子宮にいれるだけであとは
自然妊娠と同じなので「授」



体外精は一つのお皿の中に
選んだ卵子の中に選んだ精子を入れて
あえて受け入れさすので「受」


どちらの「授・受」精でも
生命力がないとじゅせいできない


私は体外受精でもいい受精卵が出来なかったので
今の医療の最高峰のICSI(顕微鏡授精)
をすることにした


ICSIとは人の手によって
精子を卵子に入れること↓



こういう技術があることがすごいですよね!



体外受精・顕微鏡授精をしても
不思議なことに成功率(受精率)は
ほとんど変わらない




なのに金額は十万円単位であがる



なんでかと言うと管理に
人の手間がかかるからですね!



あとは受精卵ができたら
凍結保存するのに何万と
値段があがるのです




受精卵ができたらできただけ
保存する個数も増えるので
費用も増える


どこの段階で不妊治療をするかは
人それぞれですがまずは卵巣の年齢
一番のキーポイントです



若くても卵巣年齢が
低いと将来こどもを望むことが
厳しくなります
(つまり閉経がすぐそこまで来ている知らせ)




これはもうどうしようもないので
それを防ぐ為にも自分のAMH(卵巣年齢)
をいち早く知りましょう!




この数値によって
高度医療を急がなければいけないか
別れる道になります



ステップアップに迷っている方は
ここを基準に考えてみては
いかかでしょうか!?










miyazaki

Profile

宮﨑 茉莉(みやざき まり)

■はり・きゅう・あん摩マッサ-ジ指圧師■

24歳の時に「卵管閉塞」と診断
医師から「自然な妊娠は厳しい」と宣言
それでも諦めきれず24歳から不妊治療を開始

採卵を2回して卵子を40個近く採卵するが
全て異常受精で受精卵に1個もならなかった


このときすでに300万の治療費用を
試みるも授かれなかった

失意のどん底で子供を諦めかけていた頃に
最後の砦と思い、大阪の病院に転院
その時に先生から鍼灸治療を進められた

鍼灸での体質改善とIVFのアンダゴ二ストを
組み合わせた治療で26年10月にICSIで妊娠
無事に長男を出産する



苦難のときに自分を救ってくれた鍼灸治療を
不妊に悩む女性だけではなく
全ての人に届けたい
鍼灸師になる決意をし
息子が2歳の時に専門学校に入学


令和2年4月
鍼灸あん摩マッサージ師の免許を取得

令和3年2月
鍼灸治療院
「鍼灸指圧堂ミヤザキ」を開業


尊敬する人 20億の借金を背負っても
明るく元気に前向きな両親

趣味 インテリア

Archive

お問い合わせ

[contact-form-7 404 "Not Found"]