Site Loader

今日家に荷物が届いて
なにかな?と思ったら
ランドセルでした



我が家は一人しか子供がいないので
ランドセルの注文が早いことを
知らなかったんです😂



現代は受注生産なのか
私の時代とは全然違う
(そりゃそうだ)


昔は現代のように色も選べず
男の子は黒!女の子は赤!



たまーーに!転校生の女の子が
ピンク色のランドセルでかわいいーー♡
って思ってた記憶がある

今では色んなメーカーから
ランドセルのベースの色や
刺繍の色、名前などが入れれるんですね😋




時代の進化って
本当に感じる瞬間です


息子が大人になる時には
どういう時代になるんでしょう



楽しみでもあり
なんか怖いなぁ・・・
便利になりすぎて


不妊治療だってそうですね


私が受けた10年前と
今の医療を比べると
進化しているはず



でもねベースは変らない


女性はより良い卵子をつくり
男性は元気のよい精子をつくる


そのためにする
体づくりは早いほどいい



結婚を望むときに妊活を開始するより
女性なら月経が始まった時から
取り組まないとですね!



自分もそうだったように
少しでも早く!色々取り組む
方が絶対にいい


これからの時代
女性不妊、男性不妊は
増え続けると思う



豊かになったからね



放射線・添加物・
保存料・電磁波
などなどあらゆるものがのしかかる


生き方が便利になるだけ
体には負担がかかる



晩婚化だけが
不妊の原因ではないってこと😥


ここ最近の記事がよめます👇

miyazaki

Profile

宮﨑 茉莉(みやざき まり)

■はり・きゅう・あん摩マッサ-ジ指圧師■

24歳の時に「卵管閉塞」と診断
医師から「自然な妊娠は厳しい」と宣言
それでも諦めきれず24歳から不妊治療を開始

採卵を2回して卵子を40個近く採卵するが
全て異常受精で受精卵に1個もならなかった


このときすでに300万の治療費用を
試みるも授かれなかった

失意のどん底で子供を諦めかけていた頃に
最後の砦と思い、大阪の病院に転院
その時に先生から鍼灸治療を進められた

鍼灸での体質改善とIVFのアンダゴ二ストを
組み合わせた治療で26年10月にICSIで妊娠
無事に長男を出産する



苦難のときに自分を救ってくれた鍼灸治療を
不妊に悩む女性だけではなく
全ての人に届けたい
鍼灸師になる決意をし
息子が2歳の時に専門学校に入学


令和2年4月
鍼灸あん摩マッサージ師の免許を取得

令和3年2月
鍼灸治療院
「鍼灸指圧堂ミヤザキ」を開業


尊敬する人 20億の借金を背負っても
明るく元気に前向きな両親

趣味 インテリア

Archive

お問い合わせ

[contact-form-7 404 "Not Found"]